大学受験を成功させるための予備校選び

入学金に関しては集団でも個別でもそれほど大きな差はない

大学受験を独学だけで成功させるというのは非常に大変入学金に関しては集団でも個別でもそれほど大きな差はないまず最初にチェックしたいのが授業形態

選ぶ際にまず最初に確認するのが費用面だという人も多いのですが、入学金に関しては集団でも個別でもそれほど大きな差はありません。
問題は年間の授業料であり、集団の方は1講座当たりの料金が7万円程度なのに対して、個別になると30万円くらいかかります。
講習料に関しても集団の方が安い傾向にありますので、予算が厳しい場合には教室で皆で受ける集団タイプを選ぶことになります。
個別指導の方はやはり割高になってしまいますので費用負担が大きいと感じますが、個々に合った指導をしてもらえるということで集団では結果が出なかった人が通うケースも多いようです。
キメの細かな指導を受けたいのなら、それぞれの特色や進度に合わせて対応してくれる個別の方が合っていますので、どのようなタイプを求めているのかによっても選ぶべきタイプが違ってきます。
個別を選ぶ場合でも講座数によって料金はかなり変わりますので、工夫をしながら通う方法もあります。
また、設備費や指導費などが別にかかるケースもありますので、その点にも注意しましょう。
具体的に選ぶ際のポイントとして、まず最初にチェックしたいのが授業形態です。
集団授業は教室に大勢が集まって1人の講師に教えてもらう形式であり、学校の授業と同じような形です。